ジスロマックの万能性とは?

性病とは性感染症のことでありセックスやキスなどの性的接触によって感染する病気と定義されているものである。
性感染症には、種類も多く10種以上の感染症がありますが、有名なものでは、エイズ、梅毒、淋病、、ヘルペス、ケジラミ、コンジローマなどがある。
今回はクラミジアについて、症状や治療に使われるお薬などを紹介していきたいと思う。
クラミジアとは、トラコマチスという名の細菌による性感染症で、性感染症のなかで流行しており、感染者の数も多い病気となっている。
特に女性のかかる率が増加しており、性行為に至る若年化、多様化が原因と考えられており、その広がりが問題にもなっている。
症状の現れ方は男性と女性は少し異なり、男性の場合、おしっこの時に違和感を感じたり痛みを伴ったり、尿道の中に痒みや不快感などを感じる場合や膿のような分泌物などがおしっこと混ざって出てくるなどの症状がみられる。
女性の場合は、男性に比べ深刻であり、まず感染しても自覚症状が出る人が半数にも満たないものとなっていて、症状の現れ方は下腹部痛みやおりものの増加などがあり、セックスと時に痛みを感じたり、不正出血する場合もあります。
今挙げた、女性の症状は体調不良などによっても起こりうることなので、判断も難しく結果、放置してしまうことになり症状が悪化してしまう場合も多いようです。
症状は男女違えど、治療に使われるお薬は共通で、感染経路を断つためにも、また再度感染した場合にも備えて、常備しておくことが良いでしょう。
ジスロマックという抗生物質であり、ジスロマックとは、この病気の治療に使われる代表的な薬であり、従来は服用回数が多く、治療の期間も長いものでしたが、この薬は1回の服用で、7日間もの効果が持続してくれます。
7日間で完治する確立は90%ともいわれ、非常に殺菌力のあるお薬をなっています。
副作用は重いものはありませんが、発熱や嘔吐などの症状が出る場合がありますので十分注意し、用法用量を守って服用してください。
他に治療に効果的な薬もあり、クラビットと呼ばれる殺菌作用がある薬もあります。
クラビットなども個人輸入や個人の使用を法律で認められているので、ネットなどでも購入できるので、常備薬の1つとしておくのも良いかもしれません。
症状を放置することで、他の性病への感染率が非常に高くなることもわかっているので、きちんと治療し、完治させましょう。