本当は怖いクラミジア

クラミジアとは、日本国内で一番多く感染している性感染症です。
感染者数は100万人近い数字だと言われています。
では、なぜここまで感染者が多くなったのか、その原因を上げたいと思います。
一番は、感染していても自覚症状が出にくい事です。
女性の場合は特に出にくく、おりものが少し多くなった程度になります。
男性でも、気付かないでそのまま放置してしまう方が多い状態です。
気付かないまま放置してしまい、感染を拡大してしまうことになります。
症状が出ないのであれば、大丈夫なのではと思われるかもしれませんが、実はとても怖い病気なのです。
まず、感染者はHIVや淋病などに感染する確率がぐっと上がります。
およそ、3倍から5倍にも感染率が上がるとされています。
そして、女性は放置してしまいますと、卵管炎をおこしてしまい、不妊症などの原因になります。
そして子宮外妊娠を起こしてしまう場合もあります。
次に、流産しやすく、妊娠しても出産時、膣を通っての自然分娩の際、生まれてきた子に感染させてしまい、肺炎を起こしてしまう恐れがあります。
妊娠したと必ず病院で検査するのはこのためになります。
妊婦健診で初めて検査して見つかったという方も少なくないです。
男性の場合ですと、放置した場合、前立腺炎や、血清液症、そして無精子症など引き起こしてしまうことがあります。
実はとても怖いクラミジア、もしかして?と感じた時は早めに検査することをお勧めします。
そして感染率は80%となりますので、パートナーも感染してる恐れがあります。
一緒に検査するようにしましょう。
感染経路ですが、性器同士はもちろん、性器と喉頭、喉頭と喉頭でも感染します。
口だけでも感染してしまうので、拡大が広がる理由がわかります。
通常のセックスだけでなくオーラルセックスでも感染しますので、コンドームだけでは防げない状態です。
予防として、風俗に行く前に専用の薬を服用してから、風俗へ行く方もいます。
もし、感染してしまった場合も、早めに治療すれば完治しますので、病院へ行くか、薬で治療するなど
対処してください。
10代20代で増えている性感染症ですが、30代以降も感染は増加しています。
必ず、放置はせず、簡易キッドなどありますので検査して、他人に移さないようにしましょう。